子供の成長と運動

成長と運動
子供の成長と運動には相関性があります。
運動する事によりエネルギーを消費しますので食欲旺盛になります。
また、運動し程よく疲れる事は寝つきもよくなり質の良い睡眠状態に入りやすくなります。

身長アップと運動の関係とは

子供の成長と運動の相関性はあります。

ただし、バスケやバレーボール、縄跳びなど特定の運動をすれば身長が伸びやすいと紹介しているサイトがありますが、それらに医学的根拠はありません。この運動がいいというのはありませんが、運動をする事は子供の成長にとって多くのメリットがあります。

運動する事によりエネルギーを消費しますので食欲旺盛になります。成長には栄養素が必要ですので食の細い子供は身長は伸びずらくなります。また、運動し程よく疲れる事は寝つきもよくなり質の良い睡眠状態に入りやすくなります。

運動による成長ホルモンの分泌

適度な運動をする事により、運動後に成長ホルモンが多く分泌されると言われています。又、骨と骨をつないでいる関節部分にある「骨端線」が刺激を受けます。

骨端線の間には軟骨組織が詰まっており、栄養素を取り込み少しづつ堅い骨組織に変化していきますので、適度な運動により適度な負荷をかける事は、子供の成長に良い働きを及ぼすのです。

ただし、子供のころからの過度な運動や筋力トレーニングは身体への負担が大きく成長の妨げとなる場合があるので注意が必要です。

運動と姿勢

適度な運動をするメリットは他にもあります。体を大きく使い運動すると、背骨や骨盤あたりの体の中心部分である「体幹」を鍛えることになります。体幹の筋力をつける事により、良い姿勢が維持しやすくなります。

姿勢を良くするだけでも身長は高く見えますし、成長期の子供が背中を丸めていると身長アップの障害になります。背筋を伸ばすことにより、より身長アップにつながるという事になります。

中学生、高校生のための身長サプリ選び

成長期に一気に伸ばしたい!本気の中学生、高校生が安心して続けられる、身長プリメント比較はコチラ。
小学生のための身長サプリメント選び

本格的な成長期が来る前に、伸びる土台を作りたい!安心して子供に飲ませる事のできるサプリメント比較はコチラ。