どうしたらダンサーになれる!?憧れのテーマパークダンサーのお仕事事情!

ディズニーリゾートといえば、華やかなパレードやショーも楽しみの一つ。いつパークに訪れても色とりどりの衣装を着たダンサーたちが、質の高いパフォーマンスを繰り広げてくれます。

華やかな衣装にも憧れますよね。パークの来場者の中にはお目当てのダンサーに会うために、遠くの都道府県から来る人もいるほどです。

ディズニダンサーといえば、きらびやかで華やかで、自分とはかけ離れた遠い存在…のように感じるだニャー
そだね~。今回はテーマパークダンサーのお仕事事情や、働くための条件などをお話しますね。

テーマパークダンサーの雇用形態

実は、ダンサーの雇用形態は1年ごとの契約更新制。契約更新の際には試験があり、それにパスしないと更新すらできないのです。

ダンサーとしてパークで仕事をし続けるには年に一度の試験に毎年合格しなければならないのですね。いつパークを訪れても質の高いダンスが見られる理由はこの厳しい制度にあるのかもしれません。

また、お給料は時給制。パフォーマンスの技術が上がるにしたがって時給も上がります。ただし、ショーは天候や入園者数によって中止になったり、時間が変更になったりするものです。それでもダンサーはギリギリまで待機しなければならないので、本当に大変なお仕事ですよね。

ディズニーダンサーの魅力とは?

年に一度の試験に不規則な就業時間、さらに猛暑の日でも極寒の時期でも素敵な笑顔で夢を与えるディズニーダンサーたち。ダンサーの笑顔とは裏腹に体力資本の仕事でもあり、なかなか厳しい条件のお仕事です。

それでも、ディズニーダンサー募集の際にはたくさんの応募者であふれ、競争倍率はいつも高いのがこの仕事。「ディズニースマイル」と呼ばれる笑顔はパレードやショーの主役といっても過言ではありませんよね。国内外を問わず、たくさんの人がディズニーダンサーになりたい!と憧れる魅力いっぱいの職業なのです。

その一番の魅力はやはり「夢を与える仕事」であること。ダンサーたちを見つめる子供たちのまなざしは憧れそのもの。徹底した雰囲気づくりで、非日常の世界観にたっぷり浸ることができるディズニーリゾートですが、中でもパレードやショーの夢あふれる世界観は特別です。

ダンサーたちの質の高いパフォーマンスを見ているときは、日常のストレスなんか吹き飛んでしまいますよね。

さらに、ディズニーリゾートは世界一といっても過言ではないほどの有名テーマパーク。そこで仕事をしていくプライドはダンサーを支える大きな理由になっています。

来場者数、規模共に他とは一線を画すディズニーリゾートは、4か国6カ所にパークがあり、他にもスパやホテルなどたくさんの施設があります。世界中の人々に夢を与えるテーマパークのキャストの一員であることに誇りをもって仕事をしているんですね。

ディズニーダンサーの種類って?

ディズニーダンサーの募集をしているのは、株式会社オリエンタルランドのショー開発部という部門。

そして、一口にディズニーダンサーといっても、ミッキーやミニーなど着ぐるみ担当の「キャラクター」、ショーやパレードでダンスを披露する「ダンサー:ジャズ・バレエ」「ダンサー:ピップホップ他」、そしてパペット人形を操作する「パペティア」の4種類があります。

キャラクターと各種ダンサーを兼ねることはできませんが、パペティアとダンサーであれば併願が可能。パペティアといえば「キングトリトン・コンサート」のセバスチャンやフランダー役が有名です。

ディズニーダンサーになる方法は?応募条件はどんなもの?

ディズニーダンサーの募集は一年に一度。エンターテイナーオーディションページからダウンロードしたエントリーシートに必要事項を記入して送付します。

書類選考を無事通過すると2次審査のダンス、3次審査のダンス&体力測定と続きます。そして最終審査は面接。最終的に採用となっても、そこからさらに1年近くのレッスンを経てから、晴れてパークデビューとなります。

数々の難関を乗り越えた人だけが、憧れのディズニーダンサーになれるのですね。

応募資格は応募するダンサーの種類によって違います。たとえば「キャラクター」の応募条件は、

①年齢18歳以上
②身長が148㎝~152m、または172㎝以上

となっています。

その他の「ダンサー」について応募条件は年齢、またはダンス経験者であることなど。

身長については特に言及されていませんが、ダンスのダイナミックさ、舞台映えの点からも身長が低いことは不利だといわれています。

身長制限を設けてはいないものの、実際にオーディションとなると合格は厳しいのです。キャラクターはどちらかというとダンスより表現力や演技力が重視されますが、ダンサーはダンスや身体能力、パフォーマンスそのものが命。

「舞台映え」するという条件は非常に重要なものなんだそうです。

まとめ

華やかなショーを支えるディズニーダンサーたち。底知れぬ向上心と不屈の精神が、あの素晴らしい笑顔とパフォーマンスを作り出していることがわかりました。

ダンサーの中でも競争率の高いディズニーダンサーは、適正と体格を兼ね備えた選ばれし者たちなのですね!

だからこそ人々の憧れであり続ける存在なのではないでしょうか。
僕も大きくなったらやってみたいニャー
中学生、高校生のための身長サプリ選び

成長期に一気に伸ばしたい!本気の中学生、高校生が安心して続けられる、身長プリメント比較はコチラ。
小学生のための身長サプリメント選び

本格的な成長期が来る前に、伸びる土台を作りたい!安心して子供に飲ませる事のできるサプリメント比較はコチラ。