中学受験は本当に必要?「中学受験のメリットとデメリット」

周りの方が「子どもに中学受験をさせる」という話を聞いて、「うちの子も中学受験をさせた方がいいの?」と悩んでいる方から相談を受けることが多くあります。

高校受験であれば進学のために必ず受験が必要なので、受験をするかどうかを迷うことはほとんどありませんが、中学受験は中高一貫校に進学しなければする必要はありません。

ジョン
ではそもそもなぜ中学受験をするのでしょう。そのメリットとデメリットは?この記事では中学受験のメリットとデメリットについて説明します。

中学受験とはとどんなもの?

中学受験とはその名の通り、中学に入るための受験なのですが、公立中学に全員が進学できるため、必ずしもする必要のない受験です。つまり中学受験をする人は私立中学に進学したい人と公立中高一貫校、国立中学に進学したい人がする受験です。

中学受験は首都圏では2月1日から始まりますが、埼玉県や千葉県では1月から始まります。また1月に入試がある地方の私立中学もあります。

受験日が同じでなければ何校でも受けられますので、多い人では10校ぐらい受ける人もいます。男子校、女子校、共学、大学附属などさまざまな学校があるので、選択肢もたくさんあります。また、近年私立高校では高校募集を無くして完全に中高一貫校になるところも増えてきています。

なぜ中学受験をするの?

中学受験をする理由としては、まず大学への進学実績があります。中高一貫校の方が、進学実績が良いのは確かです。開成や麻布という名前は誰しもが聞いたことがありますが、毎年、東大に何人もの人が合格しています。ほとんどが東大進学と言っても過言ではありません。

また、偏差値が40台の学校でもMARCHレベル(明治、青学、立教、中央、法政)の学校に多くの人が合格しており、中学受験では入りやすいのに、大学受験の実績が良い私立が多いと言えます。一般的に同レベルの学校に高校入試で入ろうとすると、とても難しくなります。

また、近くの中学に行かせたくないという理由の人もいます。近くの中学がとても荒れていて「ここでは勉強できないな」と思う人もいるのです。保護者の方だけでなく、お子様の方が「この学校には行けない」と言う場合もあるようです。

他にも大学まで進学できる学校もありますので、今受験をして、あとは自分のやりたいことをやってほしいという方もいます。

中学受験のメリットは?

中学受験のメリットは前述したように大学での進学実績が良いことです。公立高校のトップ校の進学実績は確かに良いのですが、2番手以降になるとガクッと進学実績が下がります。

そうした学校に入るよりも、私立中学に行った方が良い大学に進学できます。また、大学の附属に進学すれば、大学まで受験をしなくても良いので、自分のしたいことができるというのもあります。

私立中学は教育に特徴がある学校が多いので、そうした教育方針に賛同して、選ぶことができます。また受験日が被らなければ何校でも受験できるので、いろいろな学校を受けることができますので、しっかりと受験計画を立てれば私立中学に進学できます。

中学受験のデメリットは?

中学受験はメリットばかりではありません。当然ですが、デメリットもあります。デメリットとしては、無理やり勉強させてしまうことです。

小学生が行う受験ですので、勉強をしたくないという子どもも多いです。しかし、受験のために無理やり勉強させてしまう。結果として勉強嫌いになってしまうこともあります。

また中学受験は点数が出るものですから、できないと自信を無くす子どももいます。「どうせ僕はできないよ」と自信を無くしてしまい、勉強だけでなく、あらゆることにやる気が見られない子もいます。

受験をするのはお子様ですので、お子様の意志が大事であるというのは間違いありません。

中学受験をする際の注意点は?

前述した通り、中学受験はお子様がするものです。中学受験をしているとどうしても保護者の方が、熱が入ってしまい、お子様よりも熱心になってしまうことがあります。

そうするとお子様に対してかなり勉強のプレッシャーがかかってしまうことがあります。もちろん、勉強なので、やらなければならないと保護者の方が思うのはその通りなのですが、それがお子様のプレッシャーになってしまい、結果として勉強が嫌いになり、やらなくなってしまうのです。

受験は保護者の方だけでなく、塾とも相談してやっていくものです。そういう意味では塾選びもとても大切です。お子様に合った塾を選び、一緒になって中学受験を乗り越えていくようにしましょう。

まとめ

中学受験は特に無理をしてする必要はありません。お子様が嫌がっているのに、受験をさせて勉強が嫌になることは避けるべきです。

お子様もやる気があり、受験させる環境が整っているのであれば中学受験をさせてみるのも良いでしょう。素晴らしい学校もたくさんあるので、学校選びも重要ですが、まずは塾選びです。

ジョン
保護者の方といっしょに受験を乗り越えられる塾を探して、希望の学校に合格できるように頑張りましょう。

又、子供の将来には健康な体作りも大切です。足りない栄養素は子供用サプリメントで補い、丈夫なカラダ作りをサポートしてあげて下さい。

子供の将来のために、間違えられない塾選びのポイント

2017.06.16

この記事を書いた人

書いた人:ジョンさん

横浜市立大学大学院博士課程単位取得退学。大手W塾、Rセミナーなどで講師を15年務める。現在、2歳と5歳の2児の父親です。2000年より大手進学塾にて小論文の採点、2003年以降は中学受験の指導、2009年からは高校入試問題国語の解答・解説などを行ってきました。2011年塾用教材の作成、中学入試用の理社のテキスト、高校入試用の理社のテキストを作っています。

中学生、高校生のための身長サプリ選び

成長期に一気に伸ばしたい!本気の中学生、高校生が安心して続けられる、身長プリメント比較はコチラ。
小学生のための身長サプリメント選び

本格的な成長期が来る前に、伸びる土台を作りたい!安心して子供に飲ませる事のできるサプリメント比較はコチラ。