錠剤のクスリが苦手な子供に「上手に飲ませるコツ3つ」

子供が小さいうちって、錠剤型のお薬をイヤがりますよね。

私も幼少期は錠剤のお薬がなんだか飲みづらくて、シロップタイプのお薬ばっかり飲んでいたこともあります。今回は、子供が錠剤型のお薬を「イヤがる理由」「飲めたほうがいい理由」「飲み方のコツ」などをお伝えしていきます。

なぜ錠剤が苦手なのか

錠剤型のお薬を嫌がる理由としてはいくつかありますが、有力なのは以下の2点です。

(1) 飲み込むという行為だけを行うのが難しい

子供にとって食べるという行為は、「口に入れる → 噛んで細かくする → 飲み込む」の3つが無意識で行われています。

ただし、お薬の場合は2つ目の噛んで細かくするという段階を飛ばして飲み込まなくてはならない、つまり、「薬を飲む」という行動を新たに獲得しなければならないため、中々難しいと考えられています。

(2) 薬が怪しいモノだと認識されている

生後間もないころは何でも口にいれてしまう習性がありますが、幼児期になってくると怪しいものは口に入れないようになります。

子供にとって薬がどんなものがわからず「怪しい」という認識を持たれてしまっていると、拒否反応を示して飲み込めないということがあるそうです。

錠剤を飲めるようになっておかないといけない理由

錠剤型はシロップ型や粉末型と比べて種類が圧倒的に多いです。

そのため、錠剤のお薬が飲めないと将来的に対処しきれない場面に出くわす可能性があります。また、錠剤型のメリットとして「持ち運びしやすい」「分量がわかりやすい」「薬の成分である苦味などを感じにくい」が挙げられます。

特に、表面に特殊なコーティングを施すことによって、溶ける時間をコントロールできるため、薬の効果を最大限発揮できるようになっているのも大きな特徴ですね。

飲み方のコツ

前提として、親が子供に「薬を飲んでもらう理由」をちゃんと説明してあげてください。

このとき、「〇〇(子供の名前) のためを思って」「飲まないとずっと治らないよ」といったマイナスの理由で説明してはいけません。「飲んでくれて〇〇 (子供の名前) が元気になったら、お母さんうれしいな」など、子供が自ら飲みたくなるようにしてあげるといいでしょう。

その上で、下記の2ステップで練習をしてみてください。

(1)空気を飲んでみる

練習として、口に含んだ空気を飲み込む練習をしてみてください。

錠剤を飲むときは水やお湯で飲み込むのが一般的ですが、その際空気も一緒に飲み込んでいます。これを繰り返し行うことで、「薬を飲む」という行為が擬似的にも形成されていくため、次のステップに進みやすくなります。

(2)プラセボ錠やラムネ菓子を使って、実際に飲んでみる

いきなり本物のお薬だとハードルがまだ高いため、もうワンステップとしてサプリメントやプラセボ (偽薬:薬の成分が入っていない見かけだけの錠剤) を使って練習をします。このときは本番と同じ状況に近づけるため、「水やお湯を使って飲む」「噛まないで飲み込む」ということを意識させてあげてください。

なお、練習のときは親がお手本を見せ、それを子供が真似をするという流れで行うといいでしょう。

この2ステップを踏むことで、私は錠剤型のお薬が飲めるようになりました。それでも、まだ飲むのがちょっと…という場合は無理して飲ませず、市販のゼリーを使う方法もあります。

市販のゼリーを使って飲ませる方法

どうしても子供がイヤがる場合には、最初はゼリーを使って慣れさせていくのも一つの手です。

市販のゼリーでは「おくすり飲めたね」がオススメです。フルーツ味やチョコレート味など、子供が薬を飲みやすいように開発された専用のゼリーで、なんと日本以外にも世界35か国で使われています。

このゼリーの使い方は簡単で、「ゼリーを容器に入れる → そこに薬を置く → その上からゼリーで覆う」です。ゼリーをお薬の中に閉じ込めてしまうことで、薬の味を隠すことができ、また飲むときの抵抗感も大きく減らすことができます。

詳しい使い方は公式HPより動画がアップロードされていますので、そちらを見ていただければと思います。

参考:株式会社 龍角散「おくすり飲めたね」

おわりに

お薬を飲む目的は、それができるようになる (=錠剤のお薬が飲み込めるようになる) ことではなく、お薬を飲んで病状を良くすることです。なので、最初はゼリーを使っていき、少しずつ錠剤に慣れていけばいいのではと思っています。

すぐにできるようになる子もいれば、ある程度の時間が必要な子もいますので、ゆっくり子供のことを見守っていってくださいね。

この記事を書いた人

書いた人:ハリーさん

子供の成長が楽しみな「1男1女」を育てるアラサーパパ。子供の育ち方は親の教育で決まります。子供の将来のためにも恥ずかしくない程度のことは、教えていこうと妻と話しています。

中学生、高校生のための身長サプリ選び

成長期に一気に伸ばしたい!本気の中学生、高校生が安心して続けられる、身長プリメント比較はコチラ。
小学生のための身長サプリメント選び

本格的な成長期が来る前に、伸びる土台を作りたい!安心して子供に飲ませる事のできるサプリメント比較はコチラ。