高校生の平均身長はどのくらい?まだ諦めない!出来る事3つ

うちの息子、高校生になったのに162cmしかないの…もう手遅れかしら?
う~ん。男の子で162cmということは、13歳の平均身長と同じぐらいですね。
やっぱり…早い時期から手を打っておくべきだったわ。
高校生にもなれば、身長の伸びは落ち着いてきますが、伸びないわけではないですよ。

あと3cm、5cmは伸ばしたい!そう思っている方へ、少しの努力でもう少し身長を伸ばせるかもしれない方法をお教えします。

高校生だともう無理だと思っていました!最後のチャンスに賭けてみます。

このページでは2016年(平成28年度)学校保育統計速報(文部科学省)のデータを参照し、「高校生の平均身長」と「背を伸ばすために出来ること」をお伝えします。

高校生の男女別平均身長

まずは、高校生の平均身長とボリュームゾーン(平均値)を男女別、学年別に見てみましょう。

※ボリュームゾーンとは中央値から前後25%の範囲で、大半はこの範囲内に収まる値です。

高校生男子の平均身長

男子校生 平均身長 ボリュームゾーン
高校1年 168.3cm 162.3~174.3cm
高校2年 169.9cm 164.1~175.7cm
高校3年 170.7cm 164.9~176.5cm

成人男性(20歳)の平均身長は171.8cmです。

高校3年生のデータは5月ごろに測定しているので、この後成人するまでに平均で1cm以上は伸びていることがわかります。

高校生女子の平均身長

女子高生 平均身長 ボリュームゾーン
高校1年 157.1cm 151.8~162.4cm
高校2年 157.5cm 152.2~162.8cm
高校3年 157.8cm 152.4~163.2cm

成人女性(20歳)の平均身長は158.3cmです。女子は高校を卒業してしまうとほとんど身長の変化はないと考えられます。

小学生や中学生の平均身長はコチラのコラムで確認してください。

中学生の平均身長はどのくらい?この時期が勝負!【最新版】

2017.04.10

小学生の平均身長はどのくらい?早い時期が勝負!【最新版】

2017.03.16

身長を伸ばすために必要なこと

身長が伸びる仕組みについては、これまでも書いてきた通りです。

そして、身長が伸びる期間はおおよそ決まっています。成長スパートと呼ばれる時期で、特に思春期の頃にぐーんと背が伸びる子が多くなります。

思春期の頃に背が伸びやすいのは、体の変化に合わせて成長ホルモンが分泌されやすくなる為と言われています。

でも、成長スパートには個人差があるので、いつ始まり、いつ終わってしまうのか明確にはわかりませんよね。

一般的に小学生高学年から始まり、中学生でピークを迎え、高校生で伸びは穏やかになり終了するといわれています。

ただし、成長スパートには個人差があるので、一概に中学生の時期が一番伸びるわけではありません。私の兄は中学生の時より高校生の時の方が、身長が伸びています。

身長を伸ばすために必要なこと① 伸びる栄養素

身長を伸ばす要素でもっとも重要な事は食事です。

世界で一番平均身長の高いオランダ人は、チーズや豆類、ニシンなどをよく食べます。たんぱく質やカルシウムを多く含んだ食材を、日頃から食べていることがわかります。

日本では牛乳を飲みましょう!という風習がありますが、苦手な人やおなかを壊しやすい子供も多いのが現状です。

最近は粗悪な品質の牛乳を飲ませたくない親御さんが、給食から牛乳廃止を呼びかけている地域もあります。

代用品としては、チーズがおすすめです。チーズは発酵されていて消化もよく、良質なたんぱく質が多く含まれています。

また、高校生の時期はたくさん食べることも重要です。

どうして、たくさん食べないといけないの?
栄養素はまず消耗したエネルギーを補う(生命の維持)につかわれます。
その後、体のメンテナンスや成長サポートに使われるので、食べる量が少ないとからだの増強ができないのよ。

特にスポーツや部活を本格的にしている、高校生はエネルギー消費量が多いので、一般高校生より食べる量が必要です。

高校生男子の1日に必要なエネルギー量

活動レベル<低> 活動レベル<中> 活動レベル<高>
成人男性(18~29) 2300 kcal 2650 kcal 3050 kcal
男子(15~17) 2500 kcal 2850 kcal 3150 kcal

高校生女子の1日に必要なエネルギー量

活動レベル<低> 活動レベル<中> 活動レベル<高>
成人女性(18~29) 1650 kcal 1950 kcal 2200 kcal
女子(15~17) 2050 kcal 2300 kcal 2550 kcal

厚生労働省・日本人の食事摂取基準(2015年版)より抜粋

表のように成人よりも、高校生の方が摂取エネルギーが多めになります。これは生命維持のエネルギーに加えて、成長に必要な分も含まれての計算だからです。

たくさん食べることはできても、成長に必要な栄養素をまんべんなく摂取できなければ背は伸びません。

そういった方にオススメなのがトータルアップです!

トータルアップには高校生の成長に欠かせない、栄養素や直接のアミノ酸がバランスよく配合されています。栄養のバランスに自信がない方は、一度公式サイトをのぞいてみてください。

身長を伸ばすために必要なこと② 運動

分以内に食事を摂るのは難しくても大丈夫!3時間ぐらいは分泌されているので、部活後に帰宅したらたくさん食べてください。

部活や運動をあまりしていない人でも、体育の授業をまじめに参加したり、登下校時にしっかり歩くなども有効ですよ。

さらに、運動後や睡眠前のストレッチも筋肉をほぐしたり、リラックスさせる効果があるので有効です。

身長を伸ばすために必要なこと③ 良質な睡眠

ダメですよ!

なぜ、睡眠が大事かというと寝ている間に「成長ホルモン」がドパドパ分泌されているからです。

もっとも分泌されやすいのは、睡眠後2~3時間のノンレム睡眠時といわれているので、睡眠前にブルーライトを浴びてしまうとこのゴールデンタイムを享受しかねるのです。

又、朝起きたあとも伸びをするだけではなく、軽くストレッチをしてあげることで体が伸びるといわれていますよ。

まとめ

高校の3年間は身長を伸ばす最後の時期です。

平均身長に達していない人や、もっと伸ばしたいと思っている人は、出来る範囲で食生活を見直して見てください。

数年後に後悔しても身長は伸びません。今できることを、コツコツ積み重ねていくことが一番の近道です。

運動、睡眠に関しては自身の努力ですが、栄養に関してはトータルアップなどの成長サポートサプリメントもあります。

日頃の頑張り次第で、まだまだ成長の余地はあります。

中学生、高校生のための身長サプリ選び

成長期に一気に伸ばしたい!本気の中学生、高校生が安心して続けられる、身長プリメント比較はコチラ。
小学生のための身長サプリメント選び

本格的な成長期が来る前に、伸びる土台を作りたい!安心して子供に飲ませる事のできるサプリメント比較はコチラ。