子どもの体づくりの課題

現在、子ども達の外で遊ぶ場所は限られています。身近にちょっと遊べる場所を探してみましょう。どんなところがありますか?

空き地→”立ち入らないように”と書いてあります。
道路→”車が通ったりして遊ぶない”です。

今は子ども達が遊べる場所というと、公園ぐらいしかありません。それも自由にとはいかないようで、ボール遊びがダメだったり、遊具が少なかったり、いろいろ制限があります。

そして、ゲームやDVD、スマートフォンの普及で、外に出なくても家の中で過ごせてしまう、そんな現状もあります。

その中で気になってくるのは、子ども達の体力と体づくりです。文部科学省によると、子どもの体力・運動能力は、昭和50年ごろまでは向上していましたが、昭和50年から昭和60年にかけては停滞気傾向にあり、昭和60年以降は低下傾向が続いているとあります。

ということは体づくりが今後の課題となってくるということです。

体力がなぜ必要なのでしょうか?

文部科学省では体力の必要性について、
*人間の活動の源であること
*健康の維持だけでなく、体を動かすことは精神面の充実に繋がること
*自ら考えることや豊かな人間性に繋がること
*「生きる力」の要素になっていくこと
をあげています。

引用文献:文部科学省HP子どもの体力の現状と将来への影響より

これは体と心が密接に結びついていることを表しています。今、保育園や幼稚園でも体力づくりを取り入れるところが増えています。運動機能の向上を求めて、体操教室に通わせる保護者も増えています。

運動する、しないの二極化

体が本格的に作られてくるのは、子ども期と言われる小学生以降の活動になります。ここで二極化、いわゆる運動する子と運動をしない子がわかれてきます。

ゲームや家の中での遊びが楽しいというのもありますが、運動しない子どもの中には、運動が楽しくないということがあります。
運動をしていく上で、楽しいと思うことは子どもの活動の中には必要不可欠なものです。子どもは楽しいと思わないと、やりたいという気持ちが続きません。

楽しさが、”もっとやりたい”、”もっと上手くなりたい”といった気持ちを育てるのです。これが心を育てることにも連動していきます。

筋力がつきづらい子ども

今、筋肉がつきづらい子どもが増えてきています。

そういったお子さんは、赤ちゃんの時、脇をもって高い高いをすると、するっと抜ける落ちてしまうことが多いです。筋肉の緊張が弱く、踏ん張る力が弱いため、転倒しやすく怪我もしやすいです。

運動を一生懸命頑張っても、筋力がつきづらい。10回同じ動きを行っても筋肉がつかず、20回近く同じ動きをやってやっと筋肉が少しつく。これは持って生まれた特性なので変えることができません。

筋力がつきづらいということは、関節などの動きも滑らかではありません。動きがぎこちないことに加え、早く動く方が動きやすいのです。

なのでゆっくりとした動き、自分の体のどこが動かしているのかを意識していく必要があります。

子どもの動きのすべては赤ちゃんにある

運動の基本は、実は0歳児の発達にあります。

寝ている時期から寝返り、ずり這い、四つ這い、お座り、つかまり立ち、つたい歩き、歩行と約1年間かけて発育していきます。

その時獲得したの動きが人間の一生の動きと言われています。

獲得した動きを年齢があがるにつれて、発展させていきます。ということは、本格的な運動を始める前の時期も大切ということになります。

今、ずり這いをする前に座らせてしまうなど、動きを大人が先取りをしてしまうことがあります。しかし、動きを自分で獲得していない子どもはバランスが悪かったり、転んだ時に手が出ません。

自分で獲得した場合は骨や組織、筋肉へ負担はありませんが、先取りをしてしまった場合は、骨への負担が言われるようになり、股関節の変形なども聞かれるようになっています。

例えば、赤ちゃんの動きの中で、正座はありません。胡坐が基本です。しかし、今、正座をする赤ちゃんが増えています。インナーマッスルが育っていないうちに座った、筋肉の緊張が低い、そういったことが要因の1つです。

一度獲得してしまった自分が楽だと感じた動きは、ずっと使い続けます。そうすることで、関節に負担がかかり、成長の中で変形が進み中学生ぐらいで手術をすることもあるそうです。

サプリメントの存在

昔にはなかったサプリメントという存在。

今の子ども達の置かれた環境を考えると、普通に育つということがとても貴重なことになってきました。そういった部分で足りない部分を補っていくためには、サプリメントは必要になってくるのかもしれません。

成長を促すうえで、睡眠、食事、なども重要なものになってきます。安全なものを補助的に使いながら、こどもの成長を促していくことも、現代は必要なことなのかもしれません。

小学校のお子さんにおすすめの「身長サプリランキング」

2017.05.12

中学生、高校生にオススメの「身長サプリランキング」

2016.09.09
この記事を書いた人

書いた人:ぶひぶひこさん

看護師歴20年、現在は保育園に看護師として勤務。
子ども達の健康管理だけでなく、発達・発育などにも携わり、発達障がいにも詳しく、現在はそちらでの相談も多く受けている。その傍ら、怪我をしやすかったり、転びやすかったり、筋力がつかない子どもが増えている現実を目の当たりにし、体づくりなどにも力を入れてきた。
私生活は一男一女を育てる母でもある。

中学生、高校生のための身長サプリ選び

成長期に一気に伸ばしたい!本気の中学生、高校生が安心して続けられる、身長プリメント比較はコチラ。
小学生のための身長サプリメント選び

本格的な成長期が来る前に、伸びる土台を作りたい!安心して子供に飲ませる事のできるサプリメント比較はコチラ。